MENU

医療痩身をするケースとその方法

ダイエットをしている人が考える事の中で、医療痩身をしたらどうなるか?という思いがあると思います。そこで医療痩身について、詳しくお話していきたいと思います。

 

まず医療痩身というのは、病院の医師が行う痩身施術のことを言います。例えば、美容クリニックでは、脂肪吸引などの手術を行って、脂肪減少という医療痩身を行う事が可能です。しかし、美容クリニックでの手術などは、全て自由診療になっているので、保険診療が出来ません。つまり10割負担しなければいけないので、少々費用が高額になると考えてください。

 

一方で、医療痩身ではあるが、保険診療が出来るパターンもあります。それは、病的な肥満状態にある人が、医師の判断で入院をしたり、手術をしたりするときです。医師が病気の為に行う医療痩身は、健康保険が適用されるので一般の人は、3割負担になります。
このような、医療痩身というのは、入院をして医師が考えたメニューの食生活や運動を行って、痩せさせると言うものがあります。他にも、外科手術をして胃を小さくするなどの方法で痩せさせるという方法もあります。

 

こういった医療痩身というのは、医療の力を使わなければ、命が脅かされると言う症状の場合だけに、適用されるものであり、一般の人がちょっと痩せたいからという理由で、行う事が出来るものではありません。